8/18 ライブ X-tone Unit メンバー紹介!(5)

 

8月18日 X-tone Unit 公演@六本木サテンドール メンバー紹介!

第五弾は、ゲスト・ヴォーカリストのビオリカ・ロゾブさんです!

暑い夏に、熱い男たちが、ライブパフォーマンスを開催します。

皆さん、素晴らしいミュージシャンの方々です。

こんな豪華なメンバーが一堂に会するコンサート。

是非、お聴き逃しなく!

Viorica Lozov(Vo)ビオリカ・ロゾブ

モルドバ(Moldova)生まれ。5才の時から歌い始め、海外の多くのコンテストで優勝。日本語を始め5ヶ国語に精通し、歌では13ヶ国語をカバーする。ジプシー音楽からアメリカンジャズ、R&B、POPS、ヨーロッパの曲からラテン音楽まで、幅広いレパートリーで各種イベントやライブで都内を中心に活動中。

ビオリカさんHP http://performernet.com/talent2010/musician_singer/149.html

〜〜〜〜〜〜〜〜

美しすぎるジャズ・シンガー

Viorica Lozov(Vo)ビオリカ・ロゾブ

モルドバ(Moldova)生まれ。 5歳よりクラシックボーカルを学び、モルドバの国営テレビ”Lia-Ciocarlia”の聖歌隊で15年ソリストとして活動。その後もテレビ番組の音楽ショー等でパフォーマンスの実績を重ねた後、音楽大学”Stephan Nega”に入学。クラシックボーカルと合唱団の指揮テクニックを学んだ。その後音楽芸術学校”G.Muzicescu”のジャズホーカルクラスで ジャズを学びながら各地のコンテストに参加。海外の多くのコンテストで優勝。ロシアではポーランドの有名な歌のコンテストでトロフィーを得た。それをきっかけにハウステンボスの様々なショーに出演。日本語を始め5ヶ国語に精通し、歌では13ヶ国語をカバーする。そのスキルを活かし、都内を中心にジャズ、クラシック、シャンソン、ポップスタイル、ダンスタイムのパーティやイベントではバッキングトラックを使用して歌うなど 幅広いアレンジも可能なオリジナルアーティストとして人気活躍中。

ビオリカさんのその他のお写真は、上記のビオリカさんのHPでご覧くださいね。

この他にも、とっても素敵なお写真がご覧いただけますよ〜。

いやぁ〜、本当に美しすぎる♡

〜〜〜〜〜〜〜

X-tone Unit  8月公演決定!
“Edge 境界線上の男たち”

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜
ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!
超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

彼ら5人が繰り広げる演奏は、
様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。
プログレッシブな音楽から、
スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。
ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

(尺八)      中村 明一
(Guitar)    Gene Ess
(Piano)     Rod Williams
(Bass)     Paul Jackson
(Drums)    菅沼孝三
ゲスト
(Vocal)     Viorica Lozov

日時: 2017年8月18日(金)
場所: 六本木サテンドール 03-3401-3080
東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F
開演: 19:30 (開場 18:00)
料金: 2,800-(通し)

Akikazu Nakamura (Shakuhachi:Japanese Bamboo Flute)
Gene Ess (G) from NY
Rod Williams (P) from NY
Paul Jackson(B) is known as a “Musician’s Musician”
Kozo Suganuma(D) is known as a “The Fastest Hands”
Viorica Lozov(Guest Vocal)

2017/8/18(Fri) @ Roppongi Satindoll 03-3401-3080
Green Building 5Floor 6-1-8 roppongi Minato-ward Tokyo

Start : 19:30(Open 18:00)
Music Charge : ¥2,800-

(スタッフ:宮原)

8/18 ライブ X-tone Unit メンバー紹介!(4)

8月18日 X-tone Unit 公演@六本木サテンドール メンバー紹介!

第四弾は、Drums 菅沼孝三さんです!

暑い夏に、熱い男たちが、ライブパフォーマンスを開催します。

X-tone Unit のメンバー5人と

ゲスト・ヴォーカリストのヴィオリカさんのご紹介を、

順にさせていただいています。

皆さん、素晴らしいミュージシャンの方々です。

こんな豪華なメンバーが一堂に会するコンサート。

是非、お聴き逃しなく!

菅沼 孝三 (Drums)

15才でプロデュー後、数多くのスタジオワーク、コンサートツアー、セッションに参加する。ドラムや打楽器の教則本、DVDを多数リリース。国内はもとよりワールドワイドにドラム・フェス、ジャズ・フェス、ドラムクリニックに出演。世界で最も速く複雑なフレーズを叩けるドラマー「手数王」と称されている。

菅沼孝三さんHP http://www.kozosuganuma.com/index.html

大阪で生まれ8才でドラムを始める。

15才でプロデビュー後、数多くのスタジオワーク、コンサートツアー、セッションに参加する。

自己のドラムスクール「菅沼孝三ドラム道場」を全国6カ所にて主宰。

ドラムや打楽器の教則本、DVDを多数リリース。

 

クリニシャンとしても意欲的に取り組み、国内はもとよりワールドワイドにドラムフェスティバルやジャズフェスティバル、ドラムクリニックに出演。

デヴィッド・ガリバルディ、ビリー・コブハム、デイヴ・ウエックル、ソニー・エモリー、スティーヴ・ジョーダン、ジェリー・ブラウン、サイモン・フィリップス、ベニー・グレヴ、トミー・アイゴ、ピーター・アースキン、ラス・ミラー他…

世界のトップドラマーと共演。

 

2014年にはスイスで開催される世界最大のジャズフェスティバル「モントルージャズフェスティバル2014」に出演。

2014年に北京で開催されたドラマーの祭典「ドラムサミット2014」に出演。

アジア最大のバンドコンテスト「ASIAN BEAT」では3回ゲスト出演、審査員を務める。

2015年には中国(温州、大連)、台湾(高尾、台北)のドラムフェスティバルでクリニック、パフォーマンスを行う。

 

アーティストのサポートでは、CHAGE&ASKA、稲垣潤一、工藤静香、織田哲郎、LOUDNESS、

TOSHI(X JAPAN)、ローリー寺西、谷村新司、GACKT、HIDEKI(元シャム・シェード)、LIV MOON、

吉川晃司、acid black cherry、DREAMS COME TRUE…その他多数。

 

4枚のソロアルバムをリリース。

参加ミュージシャンはスコット・キンゼイ(トライバル・テック)、リンカーン・ゴーインズ、

ボブ・マラック、ビリー・シーン、高崎晃、矢堀孝一、MASAKI、ジェレミー・クローク、

青柳誠、永井敏己、道下和彦、トーマス・ラング…他。

 

高速連打、変拍子、トリックプレイを駆使した独自のプレイスタイルで「手数王」の異名をとる。

 

以下のBiography(英文)は、菅沼孝三さんのHPに掲載されているものです。

菅沼さんのHPも是非、チェックしてみてくださいませ!

 

Kozo Suganuma’s profile (biography)

Kozo Suganuma was born in Osaka, Japan and started to play drums at the age of eight.

He became a professional drummer at the age of fifteen and has done many studio recording, concerts tours and sessions.

The Kozo Suganuma Drum Dojo is located at six places in Japan which Kozo operates.

He continues to release a wide variety of techniques, how to books and instructional DVDs for drums and percussion.

 

He passionately works as a clinician and has participated in drum and jazz festivals and clinics across Japan and in many other countries.

Kozo has worked with top drummers such as David Garibaldi, Billy Cobham, Dave Weckl, Sonny Emory, Steve Jordan, Gerald “Jerry” Brown, Simon Phillips, Benny Greb, Tommy Igoe, Peter Erskine, RUSS MILLER and many more.

 

In 2014, He performed at one of the world’s biggest jazz festivals “Montreux Jazz Festival2014” in Switzerland.

In 2014, He performed at the drummers festival in Beijing, “Drums Summit 2014”.

Kozo has performed at the Asian Biggest Band Contest, “ASIAN BEAT”, as well as been the judge three times.

 

Artists he has supported are CHAGE&ASKA, Junichi Inagaki, Shizuka Kudo, Tetsurou Oda, LOUDNESS, TOSHI (X JAPAN), ROLLY, Shinji Tanimura, Gackt, HIDEKI (SIAM SHADE), LIV MOON, Koji KIkkawa, Acid Black Cherry, DREAMS COME TRUE and many more.

 

He has released four solo albums.

Musicians that have participated in those albums are SCOTT KINSEY (TRIBAL TECH), Lincoln Goines, BOB MALACH, Billy Sheehan, Akira Takasaki, Koichi Yabori, MASAKI, Jeremy Cloake, Makoto Aoyagi, Toshimi Nagai, Kazuhiko Michishita, Thomas Lang and many more.

 

He is known as “TE-KAZ-OH” which means the king of many strokes because of his unique style of playing such as speed strokes, odd time play and trick play.

〜〜〜〜〜〜〜

X-tone Unit  8月公演決定!
“Edge 境界線上の男たち”

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜
ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!
超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

彼ら5人が繰り広げる演奏は、
様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。
プログレッシブな音楽から、
スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。
ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

(尺八)      中村 明一
(Guitar)    Gene Ess
(Piano)     Rod Williams
(Bass)     Paul Jackson
(Drums)    菅沼孝三
ゲスト
(Vocal)     Viorica Lozov

日時: 2017年8月18日(金)
場所: 六本木サテンドール 03-3401-3080
東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F
開演: 19:30 (開場 18:00)
料金: 2,800-(通し)

Akikazu Nakamura (Shakuhachi:Japanese Bamboo Flute)
Gene Ess (G) from NY
Rod Williams (P) from NY
Paul Jackson(B) is known as a “Musician’s Musician”
Kozo Suganuma(D) is known as a “The Fastest Hands”
Viorica Lozov(Guest Vocal)

2017/8/18(Fri) @ Roppongi Satindoll 03-3401-3080
Green Building 5Floor 6-1-8 roppongi Minato-ward Tokyo

Start : 19:30(Open 18:00)
Music Charge : ¥2,800-

(スタッフ:宮原)

8/18 ライブ X-tone Unit メンバー紹介!(3)

8月18日 X-tone Unit 公演@六本木サテンドール メンバー紹介!

本日は、ベーシスト Paul Jacksonさんのご紹介です!

暑い夏に、熱い男たちが、ライブパフォーマンスを開催します。

今回は、X-tone Unit のメンバー紹介です。

メンバー5人とゲスト・ヴォーカリストのヴィオリカさんのご紹介を、

これから順にさせていただきたいと思います。

皆さん、素晴らしいミュージシャンの方々です。

こんな豪華なメンバーが一堂に会するコンサート。

是非、お聴き逃しなく!

Paul Jackson

「伝説のベーシスト」、「ミュージシャンの中のミュージシャン」と賞賛され、世界的に名高いポール・ジャクソン。彼はヘッド・ハンターズの創立メンバーとして、ハービー・ハンコックと共に現代音楽の新しい方向性を創造してきた。2人が共に行った海外ツアーは、世界各国に及び、多くのファンを魅了した。

Paul Jackson is known as a “Musician’s Musician”. As a founding member of the Headhunters under Herbie Hancock, Paul has shaped a sound that launched a new direction in contemporary music. The solid union between Hancock and Jackson has been especially evident in the many international tours they have made together. With uncountable projects to his credit, he is now touring with the Paul Jackson Trio riding the crest of a new CD release – autumn of 2014.

Paul JacksonさんHP http://www.pauljacksonbass.com

以下のBiography(英文)は、ポールさんのHPに掲載されているものです。

ポールさんのHPには、英語・日本語以外にも、

フランス語・スペイン語・イタリア語の翻訳バージョンもあります。

みなさま、チェックしてみてくださいね。

Born in Oakland, California in 1947, Paul Jackson began playing bass at the age of nine. Considered by many of his teachers to be a musical prodigy, he performed with the Oakland Symphony by the age of fourteen where he expanded his musical interests to include performance levels on bassoon and piano.

His inspirations carried him into study with the San Francisco Conservatory of Music. The strong teaching foundation led him into teaching seminars for years with institutions such as A.N. Contemporary of Music (Tokyo), Pan School of Music (Tokyo), Musashino School of Music (Tokyo), Berkley School of Music (Boston), University of California Santa Cruz, and San Jose State University.Paul has been an adviser for Osaka School of Music since 2002.

Paul Jackson is known as a “Musician’s Musician”. As a founding member of the Headhunters under Herbie Hancock, Paul has shaped a sound that launched a new direction in contemporary music. The solid union between Hancock and Jackson has been especially evident in the many international tours they have made together.

In 1979, Paul embarked on a solo recording venture releasing his own album, “Black Octopus”, on Toshiba EMI Records. Jackson’s composing has not gone without recognition as well, beginning with Grammy Award Nominations in 1974, 1975 and 1976 for song-writing “Chameleon” “Hang Up Your Hang-ups” and “Spider”, respectively. Like other highly talented, creatively motivated engineers of music, Paul has expanded his career to other mediums such as playing on the sound track of Paramount’s “Death wish” and “Dirty Harry”. He was a music director for the touring company of “Don’t Bother, I can’t Cope”, spent a year and a half with the Radio Free Europe and has appeared with the Oakland Symphony as well as Herbie Hancock on Midnight Special (ABC-TV) .

Time out to compose the score for film and other hefty projects was sandwiched in between appearing with the band’s numerous jazz festivals such as the De Hagg, Pori, Spain, Montreaux, Newport and Paris. All in all, Paul Jackson is a million mile flyer since his eighteenth birthday.

Since 1985, Paul moved his residence to Japan and continued to be active in many aspects of the Japanese music scene. Live concerts with nation-famous artists such as Char, Tsutomu Yamashita, Sadao Watanabe have been performed in between composing/arranging music for TV commercial films and movies. In 1987, Paul started one of his life-long projects, Jazz for Kids, which is a voluntary concert performed at Japanese schools with an aim to introduce American black history through music and slide presentation. More than 80 schools across Japan has been visited by Paul and his band, which has been introduced on NHK, the only Japanese governmental TV station. The associated documentary was made by the ministry of Education in 1991.

In the time when understanding of, and respect for fellow human beings are called for more and more, irrespective of differences in races and cultures, Paul is convinced that Jazz for Kids is needed more than ever. Even after moving to Japan and residing in Tokyo, Paul has spent time for live concerts in the United States and in Europe.

In 1998, the long-awaited re-union of the Headhunters was materialized with a release of “The Return of the Headhunters”. The Headhunters with Herbie Hancock made a successful tour through the U.S.A. and Europe in summer and autumn of that year. Since autumn of 2001, Paul moved from Tokyo to the western part of Japan and continues to be active in the music scene in Japan, the U.S.A. and Europe. The Blue Note tour across Japan with Mike Clark and Jack Walrath from the U.S.A. and Char in March, 2002 had a great success, re-confirming to Paul’s fans and music critics of his enormous talent as producer, as well as bassist and vocalist. In conjunction with the release of long-awaited next album by the Headhunters, Evolution Revolution from Basin Street Records, New Orleans, U.S.A. in April, 2003, the Headhunters’ tour across the United States took place in August, 2003 with huge success.

Some of Paul’s achievements in his recent years in Japan are as follows:

1989: Awarded the “Key of Osaka City” for contribution to the City.

1990: Awarded the “Key of Fukuoka City” for contribution to the City.

1990: Received formal invitation from the Emperors Palace to hear Court Music.

1991: Played at “South East Asia International Music Festival Vol.1” In Singapore and Malaysia with various musicians from Asian countries.

1993: Nominated as a singer to sing the America’s national anthem for the NFL American Bowl played in the Big Egg, Tokyo.

〜〜〜〜〜〜〜

X-tone Unit  8月公演決定!
“Edge 境界線上の男たち”

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜
ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!
超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

彼ら5人が繰り広げる演奏は、
様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。
プログレッシブな音楽から、
スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。
ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

(尺八)        中村 明一
(Guitar)     Gene Ess
(Piano)      Rod Williams
(Bass)        Paul Jackson
(Drums)    菅沼孝三
ゲスト
(Vocal)     Viorica Lozov

日時: 2017年8月18日(金)
場所: 六本木サテンドール 03-3401-3080
東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F
開演: 19:30 (開場 18:00)
料金: 2,800-(通し)

Akikazu Nakamura (Shakuhachi:Japanese Bamboo Flute)
Gene Ess (G) from NY
Rod Williams (P) from NY
Paul Jackson(B) is known as a “Musician’s Musician”
Kozo Suganuma(D) is known as a “The Fastest Hands”
Viorica Lozov(Guest Vocal)

2017/8/18(Fri) @ Roppongi Satindoll 03-3401-3080
Green Building 5Floor 6-1-8 roppongi Minato-ward Tokyo

Start : 19:30(Open 18:00)
Music Charge : ¥2,800-

 

(スタッフ:宮原)

8/18 ライブ X-tone Unit メンバー紹介!(2)

8月18日 X-tone Unit 公演@六本木サテンドール メンバー紹介!

第二弾は、ピアニスト Rod Williamsさんです!

暑い夏に、熱い男たちが、ライブパフォーマンスを開催します。

X-tone Unit のメンバー5人と

ゲスト・ヴォーカリストのヴィオリカさんのご紹介を、

順にさせていただいています。

皆さん、素晴らしいミュージシャンの方々です。

こんな豪華なメンバーが一堂に会するコンサート。

是非、お聴き逃しなく!

 

Rod Williams(Piano)ロッド・ウィリアムズ
ニューヨーク市立大学・大学院卒、ピアニスト・作曲家。ニューヨーク在住。カサンドラ・ウィルソン(vo)、デビッド・マレイ(asx)、レスター・ボウイ(tp)、スティーブ・コールマン(asx)など、多くのミュージシャンと共演。ミューズレコードより「ハンギング・イン・ザ・バランス」、「ディスティニー・エクスプレス」など2枚のアルバムでリーダーをつとめる。ヨーロッパ・米国・アジアを中心に活躍している。

Rod WilliamsさんHP  http://www.rodwilliams.info

デトロイト生まれ、ニューヨーク在住のピアニスト・作曲家。

エレクトロニック・ミュージックのプログラマーとしても有名。

ニューヨーク市立大学ブルックリン校において、

エレクトロニック・ミュージック学士号、

インタラクティブ・メディア・アート修士号取得

ヨーロッパ、日本、中国、南米、オーストラリアなどにツアーをし、

活躍なさっているロッドさんの詳しい経歴は

以下のBiography(英文)でご覧ください。

 

Born in Detroit, Mi.
Live in New York, NY
Pianist, Keyboardist, Composer, Multimedia Composer and Programmer. Performed/Recorded with Cassandra Wilson, David Murray, Dewey Redman, James Newton, James Carter, Olu Dara, Lester Bowie, Greg Osby, Steve Coleman, David Gilmore, Sam Rivers, James Spaulding, Henry Threadgill, Lawrence D, “Butch Morris, Warren Smith, Jean-Paul Bourelly, Eddie Harris, Julius Hemphill, Wadada Leo Smith, Billy Bang, Graham Haynes, Oliver Lake, Marty Ehrlich, Billy Hart, Billy Higgins, Bob Steward, Warren Smith, Eli Fountain, Vincent Henry, Fred Hopkins Steve McCall,Mark Helias, Lonnie Plaxico, William Parker, Kevin “Bruce” Harris, Mark Johnson, Tani Tabaal, Jaribu Shahid, Geri Allen, Marcus Belgrave, Phil Ranelin, Faruq Z. Bey, Ronnie Burrage, Nasheet Waits, Mark Johnson, Mor Thiam, Rikiya Higashihara,Mine Kosuke, Yashihiro Yoshigaki, Hiroaki Mizutani, Yasuo Sano, Akira Sotoyama, Shinji Takagi, Osamu Koichi, Yuichi Togashiki,Tetsuya Hayakawa,Tomohiro Yahiro, Kazutoki Umezu, Ryojiro Furusawa, Nao Takeuchi, Kazuko Shiraishi, Donna “Tulivu” Cumberbatch, Dianne McIntyre’s Dance in Motion, Deidre Murray, Opera and Theater Director Diane Paulus, Director Onur Karaoglu, Amit Kavthekar, Tablas, Indian Classical Dancer Aditi Bhagwat,etc.

Tours in Europe, Japan, China, Australia, South America,…

“….a talented young pianist…worked out an unusually lean and efficient, blues based style.”

Gary Giddins, Village Voice

“Rod Williams is one of the many musicians in New York who toil in the background, but shouldn’t. He is an empathetic accompanist, stabbing away a chords when needed, adding lush solos on cue. Mr Williams has an easy sort of virtuosity. Mr. Williams, who deserves to be heard in his own context more often”.

Peter Watrous/ New York Times

“An old running buddy of Cassandra Wilson, the very clever pianist looked like he was going to break through a few years ago. Never did. That doesn’t mean his skills aren’t sizable or his imagination’s lacking. He’s a thinker with a sensitive touch”.

Jim Macnie/ Village Voice

“Williams can produce rich melodic improvisation on asymmetric thematic materials full of sudden shift in tempo and mood, extended structures, and tangy idiomatic mixture, and make them swing”.

Bill Shoemaker/JazzTimes

Education:
B.A. Electro/Acoustic Music, CUNY Interdisplinary Studies Program/Brooklyn College

M.F.A Performance Interactive Media Arts, Brooklyn College

 

〜〜〜〜〜〜〜

X-tone Unit  8月公演決定!
“Edge 境界線上の男たち”

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜
ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!
超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

彼ら5人が繰り広げる演奏は、
様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。
プログレッシブな音楽から、
スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。
ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

(尺八)      中村 明一
(Guitar)    Gene Ess
(Piano)     Rod Williams
(Bass)     Paul Jackson
(Drums)    菅沼孝三
ゲスト
(Vocal)     Viorica Lozov

日時: 2017年8月18日(金)
場所: 六本木サテンドール 03-3401-3080
東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F
開演: 19:30 (開場 18:00)
料金: 2,800-(通し)

Akikazu Nakamura (Shakuhachi:Japanese Bamboo Flute)
Gene Ess (G) from NY
Rod Williams (P) from NY
Paul Jackson(B) is known as a “Musician’s Musician”
Kozo Suganuma(D) is known as a “The Fastest Hands”
Viorica Lozov(Guest Vocal)

2017/8/18(Fri) @ Roppongi Satindoll 03-3401-3080
Green Building 5Floor 6-1-8 roppongi Minato-ward Tokyo

Start : 19:30(Open 18:00)
Music Charge : ¥2,800-

(スタッフ:宮原)

 

 

素晴らしい歌声のヴィオリカと超絶技巧の尺八奏者中村明一の演奏で夢のようなひとときを・・・

 

素晴らしい歌声のヴィオリカと超絶技巧の尺八奏者中村明一の演奏で夢のようなひとときを・・・

来る7月19日(水)、赤坂 Tonaliteにおいて

モルドバの美しき歌姫 ヴィオリカ・ロツォフと共に

しっとりとしたジャズの調べに酔いしれていただける

夢見るようなひとときをお届けしたいと思います。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

<出演者>

Voice  :  Viorica Lozov

尺八 :  中村明一

Piano : Dennis Lambert

 

日時:2017年7月19日(水) 1st 19:30    2nd 21:00

場所:赤坂 Tonalite   Tel. 03-6441-0362

店舗情報

Charge MC \3,000-

 

Viorica Lozov(Vo)ビオリカ・ロツォフ
モルドバ(Moldova)生まれ。5才の時から歌い始め、海外の多くのコンテストで優勝。日本語を始め5ヶ国語に精通し、歌では13ヶ国語をカバーする。ジプシー音楽からアメリカンジャズ、R&B、POPS、ヨーロッパの曲からラテン音楽まで、幅広いレパートリーで各種イベントやライブで都内を中心に活動中。

 

(スタッフ:宮原)

8/18 ライブ X-tone Unit メンバー紹介!(1)

8月18日 X-tone Unit 公演@六本木サテンドール メンバー紹介!

まず第一弾は、Guitar Gene Essさんです!

暑い夏に、熱い男たちが、ライブパフォーマンスを開催します。

今回は、X-tone Unit のメンバー紹介です。

メンバー5人とゲスト・ヴォーカリストのヴィオリカさんのご紹介を、

これから順にさせていただきたいと思います。

皆さん、素晴らしいミュージシャンの方々です。

こんな豪華なメンバーが一堂に会するコンサート。

是非、お聴き逃しなく!


Gene Ess(Guitar)ジーン・エス
バークリー音楽大学卒業。NYを中心に活躍するジャズ・ギタリスト。ラシッド・アリと世界ツアーをはじめ、カルロス・サンタナ、クラーク・テリー、スライド・ハンプトンらと共演し、ニューヨークのミュージック・シーンでトップアーティストとして輝きを放っている。

Gene EssさんのHP  http://www.jazzgenemusic.com

東京で過ごされていた幼少期は、ピアノを学びクラシック音楽に囲まれていたジーンさん。その後、沖縄の米国空軍基地で過ごされるなかで、沖縄の伝統音楽と米国の軍人たちが集うクラブから流れるポップスやジャズなどを同時に吸収され、音楽の世界に惹き込まれていきます。

14歳という若さで、沖縄のクラブやフェスティバルでの演奏を開始。高校卒業後は、アメリカのジョージ・メイソン大学へ進学。そこでは、ラリー・スニッツラーと共にクラシックを学びました。

1983年、レノックス・バークリー・アワードでの演奏が高く評価され、バークリー音楽学院の奨学金を受けます。バークリーを優秀な成績でご卒業された後、NYに拠点を移されます。(Gene graduated from Berklee with honors in 1990.)

その後も、数々の賞を受賞なさり、米国と日本を股にかけご活躍中のジーンさん。その輝かしい経歴の続きは、以下ジーンさんのBiography(英文)でご覧ください。

〜〜〜〜〜

Award winning guitarist, Gene Ess, draws upon a diverse background to form his unique style. Studying classical piano, Gene’s early years were filled with sounds of Beethoven and Chopin. Originally from Tokyo, Japan and growing up on a U.S. Air Force Base on Okinawa, Gene was simultaneously receiving a mix of influences: he was exposed to the indigenous music of Okinawa and – to the pop and jazz music coming out of the clubs for the American soldiers. All this amounted for an early obsession with music

Gene performed in clubs and festivals all around Okinawa at the early age of 14. After graduating high school Gene left for George Mason University. There, he pursued classical music studies with Larry Snitzler, a prominent concert guitarist who was Andrés Segovia’s disciple and orchestral composition under Dr. Glenn Smith.

Downbeat magazine presented Gene’s performance of Lennox Berkeley’s ‘Theme and Variations’ with the ‘Outstanding Performance Award’ in 1983. Consequently, Gene received a scholarship to attend the prestigious Berklee College of Music in Boston. There he continued his musical quest and was heavily influenced by the music of John Coltrane. After studies with Jerry Bergonzi and Charlie Banacos, Gene graduated from Berklee with honors in 1990 and moved to New York in 1991.

From 1991 to 2003, Gene worked with the great drummer Rashied Ali (John Coltrane), touring globally and recording a well-received album “No One in Particular”. Through this group, Gene met and played with: Carlos Santana, Ravi Coltrane, Matt Garrison, Lonnie Plaxico, Archie Shepp, and Reggie Workman among many others.

Gene’s 2009 album, “Modes of Limited Transcendence,” has received great reviews globally. This album received the prestigious 2010 SESAC Outstanding Jazz Performance Award. The music features original compositions by Gene and piano wunderkind Tigran Hamasyan.

In 2012, Gene released a new album featuring vocals for the first time. The album titled “A Thousand Summers” will be available February 1, 2012. The music features Nicki Parrott on vocals and beautiful songs from the jazz canon carefully arranged by Gene and Thomson Kneeland.

Gene started a new group called Fractal Attraction in 2013 and the debut album “Fractal Attraction” was released in May of 2013. The album has received international acclaim and also charted on the national jazz radio chart peaking at #3. The quintet includes some of the best NYC jazz musicians and include: Thana Alexa on voice, David Berkman on piano, Thomson

Kneeland on bass, and Gene Jackson on drums. This album received the prestigious “Outstanding Jazz Performance” Award from SESAC in 2014.

The second Fractal Attraction album, “Eternal Monomyth”, is slated to be released late April 27, 2015. This set of new music continues Gene’s exploration using voice as an instrument in a chamber group setting. The album is a companion piece to the Fractal Attraction album. This album features Thana Alexa on voice, John Escreet on piano, Thomson Kneeland on bass, Clarence Penn on drums, and Gene Ess.

Gene is also a founding member of the Kettle Music collective in NYC. This group presents member concerts, private instruction, group workshops, and look to work with other like-minded international and domestic music collectives in intellectual and artistic exchange.

Over his career, Gene has performed and recorded with many wonderful musicians. Some are: Dave Liebman, Al Foster, Rashied Ali, Clark Terry, Slide Hampton, Carlos Santana, Archie Shepp, Donny McCaslin, Clarence Penn, Reggie Workman, Tigran Hamasyan, Danilo Perez, and Ravi Coltrane. Gene can be heard in various venues and festivals here in NYC and Europe and Asia. Some are: Blue Note NYC, 55Bar, Iridium, ShapeShifter Lab, iBeam, Red Hook Jazz Festival, Yokohama Jazz Festival, Pit Inn, Antibes Jazz Festival, Strasbourg Jazz Festival, Drom, and Teatro Monumental (Madrid).

〜〜〜〜〜〜〜

X-tone Unit  8月公演決定!
“Edge 境界線上の男たち”

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜
ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!
超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

彼ら5人が繰り広げる演奏は、
様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。
プログレッシブな音楽から、
スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。
ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

(尺八)      中村 明一
(Guitar)    Gene Ess
(Piano)     Rod Williams
(Bass)     Paul Jackson
(Drums)    菅沼孝三
ゲスト
(Vocal)     Viorica Lozov

日時: 2017年8月18日(金)
場所: 六本木サテンドール 03-3401-3080
東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F
開演: 19:30 (開場 18:00)
料金: 2,800-(通し)

Akikazu Nakamura (Shakuhachi:Japanese Bamboo Flute)
Gene Ess (G) from NY
Rod Williams (P) from NY
Paul Jackson(B) is known as a “Musician’s Musician”
Kozo Suganuma(D) is known as a “The Fastest Hands”
Viorica Lozov(Guest Vocal)

2017/8/18(Fri) @ Roppongi Satindoll 03-3401-3080
Green Building 5Floor 6-1-8 roppongi Minato-ward Tokyo

Start : 19:30(Open 18:00)
Music Charge : ¥2,800-

 

(スタッフ:宮原)

世界の名手と尺八の超絶技巧で繰り出すジャズの調べ!8月18日公演決定です。

 

世界の名手と尺八の超絶技巧で繰り出すジャズの調べ!8月18日公演決定です。

本日から暦は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」、

梅雨入りの季節になりました!

平年は、関東地方の梅雨入りは6月8日ごろということですが、今年はどうなりますでしょうか。

(気象庁HPより

http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html

 

これから雨の季節になる訳ですが、

我々からは、気が早いですが、

梅雨を飛越して夏を先取りの情報です。

8月に開催されるジャズの公演スケジュールのお知らせです。

皆様のお越しをお待ちいたしております!!

(スタッフ:宮原)

 ~~~~~~~~~

X-tone Unit   8月18日 公演決定!

“Edge 境界線上の男たち”

 

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜

ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!

超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

 

彼ら5人が繰り広げる演奏は、

様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。

プログレッシブな音楽から、

スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。

ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

 

(尺八)       中村 明一

(Guitar)    Gene Ess

(Piano)         Rod Williams

(Bass)     Paul Jackson

(Drums)    菅沼孝三

ゲスト

(Vocal)     Viorica Lozov

 

日時: 2017年8月18日(金)

場所: 六本木サテンドール

東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F

開演: 19:30 (開場 18:00)

料金: \2,800-(通し)

 

《お問い合わせ先》

Office Sound Pot 中村明一事務所 担当:宮原・田實

HP:   http://kokoo.com   Tel:03-5374-8373

Email:soudpot3@gmail.com

江差追分からプッチーニ!民謡からオペラまで!尺八の響きにのせて

なんと!一昨日はJazzのビッグ・バンドと、

今日は江差追分からプッチーニ!民謡からオペラまで!尺八の響きにのせて。

和と洋が融合したステージでした。
素晴らしい才能の協演。
丸山先生、嶽道先生、中村先生、
グスタヴォ・江田さんのテナーの響き、

と贅沢な一夜。

当日は冷たい雨が降っていましたが、満員御礼の会場でした。

皆様、楽しんでいただけたようで、

終演後も、ホールは余韻を楽しむ方々でいっぱい。

先生方も、中に入ってみなさまとの会話を楽しんでいらっしゃいました。


音楽って本当に素晴らしいですね。

(スタッフ:宮原)