フィンランド国営放送「サウンド・トラッカー」さんの取材がありました!

 

2017年4月22日、

フィンランド国営放送さんが、中村明一の虚無僧尺八の取材に来てくださいました!

この「サウンド・トラッカー」というドキュメンタリー・シリーズは、

世界的に活躍するハノイ・ロックスのベーシスト 「サミー・ヤファ」さんの番組。

( SOUND TRACKER の HPです。http://www.gimmeyawallet.fi/soundtracker/ )

世界中のあらゆる音楽を紹介するべく、大陸を股にかけ取材をなさっているのです。

約半年かけ取材旅行をし、ヤファさんが自身の眼でみて、耳で聴いて、

直接、インタビューをして作り上げるドキュメンタリー番組なのです。

ジャンルにとらわれずあらゆる音楽を紹介してこられたシリーズは、

今年で、3シーズン目だとか。

ヤファさんは、「日本は一番来たかった国」だとおっしゃっていました。

演奏家同士、すっかり意気投合し会話もはずみ、

心を通い合わせたアーティスティックなひととき。

お二人のこの笑顔。とても印象的でした。

蘆花恒春園に響く尺八の音色に、道行く人々もしばし足を止め、

聞き入っていらっしゃいましたよ。

 

この取材に関しては、またゆっくり詳細をご報告させていただきます!

(スタッフ:宮原)

 

 

世界の名手と尺八の超絶技巧で繰り出すジャズの調べ!8月18日公演決定です。

 

世界の名手と尺八の超絶技巧で繰り出すジャズの調べ!8月18日公演決定です。

本日から暦は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」、

梅雨入りの季節になりました!

平年は、関東地方の梅雨入りは6月8日ごろということですが、今年はどうなりますでしょうか。

(気象庁HPより

http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html

 

これから雨の季節になる訳ですが、

我々からは、気が早いですが、

梅雨を飛越して夏を先取りの情報です。

8月に開催されるジャズの公演スケジュールのお知らせです。

皆様のお越しをお待ちいたしております!!

(スタッフ:宮原)

 ~~~~~~~~~

X-tone Unit   8月18日 公演決定!

“Edge 境界線上の男たち”

 

〜NYからロッド・ウィリアムズ、ジーン・エスらが来日!〜

ゲストは、モルドバの美しき歌姫ビオリカ!

超絶技法の尺八奏者 中村明一、伝説のベーシスト ポール・ジャクソンと、「手数王」菅沼孝三が作り出すグルーヴをお楽しみください!!

 

彼ら5人が繰り広げる演奏は、

様々なジャンルのジャズを包含し境界線に至る未知の領域に。

プログレッシブな音楽から、

スタンダードの再構築、フリーミュージックまで。

ニューヨークに縁の深いメンバー5名で、新しい風をお届けします。

 

(尺八)       中村 明一

(Guitar)    Gene Ess

(Piano)         Rod Williams

(Bass)     Paul Jackson

(Drums)    菅沼孝三

ゲスト

(Vocal)     Viorica Lozov

 

日時: 2017年8月18日(金)

場所: 六本木サテンドール

東京都港区六本木6丁目1−8 グリーンビル5F

開演: 19:30 (開場 18:00)

料金: \2,800-(通し)

 

《お問い合わせ先》

Office Sound Pot 中村明一事務所 担当:宮原・田實

HP:   http://kokoo.com   Tel:03-5374-8373

Email:soudpot3@gmail.com