ArtistProfile

八木美知依

MICHIYO YAGI (箏/20絃/VO)
八木美知依

邦楽はもちろん、前衛ジャズや現代音楽からプログレッシヴ・ロックそしてポップスまで幅広く活動するハイパー箏奏者。
NHK 邦楽技能者育成会卒業後、ウェスリアン大学客員教授として渡米中、ジョン・ケージ、ジョン・ゾーン等、独創的な活動をする音楽家に影響を受ける。 99 年、ゾーンのプロデュースによるソロ・アルバム『 Shizuku 』( Tzadik )をリリース。 01 年には自己のアンサンブル Paulownia Crush との CD 『ゆらる』(イーストワークス)をリリースし、 04 年にこのグループを率いて国際交流基金主催のロシア・ツアーを行う。 05 年、世界初の全編オリジナル曲による 17 絃ソロ作『 Seventeen 』(ジパング)をリリース。最新作 は『ライヴ!アット・スーパーデラックス』( Idiolect /ボンバ、 06 年 )。
NHK 《邦楽百選》、 NHK-BS 《 Weekend Japanology 》、 TV 朝日《題名のない音楽会》やメールス・ジャズ・フェスティヴァル、ヴィジョン・フェスティヴァル、コングスベルグ・ジャズ・フェスティヴァル等に出演。 マーク・ドレッサー、ペーター・ブロッツマン、エリオット・シャープ、フレッド・フリス、大友良英 、クリス・カトラー、ハン・ベニンク、ビル・ラズウェル、 Sachiko M 、勝井祐二( ROVO )、カン・テファン、巻上公一、ビリー・バング、インゲブリグト・フラーテン、ポール・ニルセン・ラヴら世界のトップ・インプロヴァイザーと共演するかた わら、アコーディオン奏者の coba 、浜崎あゆみや Takuya (元 Judy & Mary )といった J-POP アーティストのレコーディングやステージにも参加。その驚くべきテクニックと無類のリズム感で聴く者を圧倒している。

オフィシャルサイトはこちら