初源 行あるいは楽

彫刻とパフォーマンスの競演

人間は自分で生きてているつもりでも、眼に見えない深いはたらきによって、その存在を支えられているのではないかと思う。

人間存在の源(初源)を 奏 語 踊 で考察し表現する。

虚無僧尺八は 禅の修行のひとつであり「吹禅(すいぜん)」という。

そして それは行あるいは楽という 祈りとなり 精神世界を深め 人間の生命力の源 たのしみ となる。

参加者は 修行者のすぐれた感覚を突き詰め演奏する中村明一と一緒に移動し

万人が本来持っている自然への畏敬の念を表現するダニ・カラヴァンの風景彫刻と対話する・・・。

この場このときにしか味わえない感覚をご堪能ください。

 

2016年10月10日(月・祝 体育の日)

14:00~16:00(公園の開館時間は10:00~17:00)

室生山上公園芸術の森 にて

(奈良県宇陀市室生181番地0745-93-4730)

 

関連イベント

室生寺奉納演奏:9:40~10:00

室生寺五重塔(国宝)前

 

お申込み・お問い合わせ

パフォーマンス イン ミュージアム実行委員会(バンノ)

℡&FAX 078-822-2545

e-mail : bankumi@icloud.com

クラウドファウンディング: MotionGallery(モーションギャラリー)からもご購入いたdけます。

https://motion-gallery.net  パフォーマンスプロジェクト「初源~行あるいは楽」

 

 

↑PAGETOP